カポエイラ アシェー ダ バイーア(東京/千葉) レッスン参加、体験 募集中!

東京(恵比寿・吉祥寺・浅草橋・笹塚・高円寺)
千葉(船橋・新浦安・市川)
を中心にカポエイラのライブ披露やイベント出演
レッスンなどの活動をしているグループ
「カポエイラ アシェー ダ バイーア」の旧Webサイト

レッスン参加・体験・見学、
いつでも可能!

新ウェブサイト
http://www.capoeira-tc.com

2014年 2月より浅草橋にて
土曜 19:15〜20:00
カポエイラ初心者クラス(500円)開始!
contents
contact
link
search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | スポンサードリンク | - | - |
EU AMO CAPOEIRA : ナヅキ

道場のマット。ステキです。


左:トイーニョ 右:カルンガ
いつも、トイーニョのアタバキ生演奏の中
カルンガがマクレレ&サンバを教えてくれました。



ここからは日本人です。
なぜか、〜越しの○○ という撮影方が流行りました。

まずは、
チョコミントアイス越しのタカユキくん(ヒューストンにて)


ご飯越しのナンジョウセンセイ(お昼ご飯は、いつもこんな感じでした)


ケーキ越しのコウタくん(でかいです)


マンゴー越しのナヅキ(丸かじりです)


スーパーボール越しのナンジョウセンセイ(コウタくん作)



こんな事したりして遊んでいました。
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(3) | - |
berimbau:anri
ぽてぽて


おむつ一丁で歩かされております。
粋です。

本日は、自分達が体験してきたビリンバウ作り報告してみます。

◆ビリンバウ
1)ビリーバ(biriba)の木の皮をはぐ。はぎたおす。
 →ナイフで、ごすっと木に切り込みを入れて、べりべりって皮をはぐんです。
  ナイフが・・あんま切れなくて、南城さんが使っていたナイフは
  朝に食卓で見かけたのと同じナイフでした。。
  パワープレイで剥ぎます。

2)剥いだ木の表面をそぐ
 →そぐ道具って色々あるのかもしれませんが、
  ぼくらの道具はとても素敵でした。
  割れた瓶の破片。手もそげます。

3)そいだ木の表面を更に磨ぐ。研ぐ。
 →紙やすりでしょりしょりしてつるつるにします。

4)研いだ木の先っぽを尖らせる
 →あれです。ビリンバウの下の、アラーミひっかけるとこです。
  ナタみたいなやつで、これまたパワープレイでがつがつ殴るように・・、
  鉛筆のようにとがらせていきます。
  
5)コルクを型抜く
 →薄いコルクがあって、それを丸型に2個抜きます。
  2枚を重ねて、ビリンバウの先(上)につけます。
  釘か何かを打ち付けて、ひっつけます。
  その後、コルクのサイズが若干でかかったりすると、
  カッターとかでカットします。

 本体は以上。
 物によってはきっとコルクつける前とかにニスを塗るんだと思います。




◆カバッサ
1)ひょうたんの表面の汚れを取る。
 →どの段階のひょうたんをゲットしてきているのかわかりませんが
  体験した時は、乾燥したひょうたんがあって、それの表面に水をつけ
  ナイフで表面の汚れを取り除きました。

2)ひょうたんに穴をあける
 →ぐるっと鉛筆で円を描いて、これまたナイフでごりごり切り込みをいれます。
  ※切りきって、穴がぼこっとあいた時は感動です。
   中から、種やらなんやら色々出てきます・・・

3)ひょうたんに、紐を通す穴をあける
 →ほどよい幅を計って、金属棒みたいなやつでぶすっと穴をあけます。
  案外やらかいです。ひょうたん。



◆アラーミ
 タイヤの内側に入っている針金からアラーミを作ります。
 てっきりタイヤの針金って一周しかないのかと思いきや、
 結構長いのが採取できるんです。
 採取した針金を磨いて、程よい長さにして先っぽをペンチとかで
 うまくねじり、紐をつければ完成。

◆バケータ
 ビリーバ(biriba)の切れ端で作ります。
 長さ30〜40cmの切れ端を、縦に4分割し、
 それを更に、徐々に細くしていってバケータにするそうです。
 多分これもパワープレイです。

◆カシシ
 材料が無かった為、作成体験できませんでしたが、
 ひょうたんの破片を底面にして、多分なんかの木の表面とかを材料にして
 編みあみしていくようです。
 んで中に、木の実とかをいれておく。っぽい。

muito trabalho?!


そんなこんなでした。
時間が無くて、各自完成させることはできませんでしたが
おもろかったです。
いじょ。


|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(8) | - |
教会シリーズ:KOTA
無事帰国しました。時差ボケと寒さのダブルパンチが堪えます。
カポエィラとは関係ないですが、サルヴァドールの教会シリーズです。

■サンフランシスコ教会

中はこんな感じ。

壁面のこれは、絵でも彫刻でもなく、人形でした。

教会内には金の装飾が多く、黄金の教会とも。


■ボンフィン教会
バスで足を伸ばしたところにある「奇跡の教会」。

中はこんな感じ。入り口からの光が奥まで入っていて、比較的明るい。


横の部屋、天井から吊られた手足がたくさん。怪我や病気のある箇所を吊って、回復を祈るのだとか。

壁に貼られた写真。回復を祈る人々の写真が本当にたくさん。


■バジリカ大聖堂
Jesus広場にあるものの、日曜しかあいておらず、なかなか入る機会がなかったバジリカ大聖堂。
あとから思うと、まともにバジリカ大聖堂の外観を撮っていませんでした。勿体無い。
別の日にネットカフェから見たJesus広場です。右奥にあるのがバジリカ大聖堂。

11/2に入ることが出来ました。内部。本当に広い、大きな教会です。正面奥にキリスト像。

側面の彫刻群のひとつ。神々しい限り。少し画像大き目です。
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(4) | - |
全員帰国!
8人全員、無事に帰国しました。
トラブルや問題も特になく、短い期間でしたが1日も無駄にせず、
全員で楽しみながらいろいろな体験をしてきました。


やはり、長い飛行時間(経由地での待ち時間を合わせると30時間くらい)は、
何度行っても辛いです。


飛行機からの景色

サルバドールの空港にて

全員でいろいろなことを習ったりもしました。


楽器作りもし

練習は毎回汗だくです

もちろん注意は必要ですが、10年前に始めて行ったときより、サルバドールの治安はだいぶよくなっている感じがして、個人的には驚きました。


カポエイラにちなんだ物はもちろん、いろんな楽器も売っていたり

歩いているだけで楽しい石畳の町並み

夜でも生演奏・大音量での音楽にあふれていたり

宿も格安な場所を手配してもらい、
全員での共同生活もたのしかったです。
最初はアパートで生活し、途中からはホテルに引越しました。


最初はアパートでの生活

毎朝8人で共に食事して(ホテルでは朝食込み)

果物は、本当にたくさん食べました。

道場は土曜日の午後と日曜日はお休みなので、
いろんな場所にも観光しにも行きました。


道場のみんなとも、いろいろ観光もして

10年前に行ったときからいる人もたくさんいたり
みんな、よりいっそう筋肉質になっていました。

本当に充実した日々でした。

まだまだいろんな出来事もあり、
ブラジルでは時間がなく、あまり詳細は報告できなかったので、
引き続き同行したメンバーと共に更新していきます。

ナンジョウ
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(9) | - |
お問い合わせについて:morango
たくさんのコメントありがとうございます。
中でも反響が大きく問い合わせの多かった、
リオの変な生き物についてお答えしたいと思います。

Q.野生?

A.はい。そのようです。
お店の人がバナナを上げてましたが飼われてる様子ではなかったです。


Q.大きさは?

A.しっぽを除くと30僂らい。

Q.しっぽがあるの???

A.はい、ネズミのようなしっぽがありました。


Q.フサフサしてるの?

A.毛の間にはりねずみのようなトゲトゲがありました。



Q.そもそも何?

A.地元の青年レンドロ(26歳 タクシードライバー 4歳の娘あり)曰く、

『ビーショプレキーザ』
だそうです。
それが何かは調べたり想像したりしてください。

ちなみにレンドロは最初「マカーコ(猿)」と言うものだから、
アンリさんと二人で「それはないだろっ」と突っ込んだところ、
上記の単語を言ってました。

カポエイラの写真をあまり載せていないことにうすうす気がついてはいますが、
マイペースでがんばります。

よろしくお願いします。
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(7) | - |
サルヴァドールより最後の書き込み:KOTA
と言いつつ明日の朝にまた書き込むかもしれませんが、
ネットカフェがお休みの可能性大なので、これが多分最後です。

今朝、最後の朝練は、カベーラと1対1で贅沢な練習でした。
道場のみんなとメールアドレスを交換しました。
いつでもメールできるっていいですね。改めて思いました。

土曜の午後と日曜は道場が休みなので、明日夕方まで自由時間。
さっき荷造りが終わったので、あとはこっちでの時間を満喫します。

コメントをたくさんいただいて、うれしかったです。
本当にありがとうございました。
習ったことや見聞きしたこともたくさん持ち帰れると思います。
それではまた日本でお会いしましょう。TCHAU!

PS.また日本についてからも書き込みます!
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(12) | - |
今朝、南城さんとなづきさんは :KOTA
こちらを経ちました。今頃サンパウロです。
昨夜、大して荷物もまとめずにビールを飲んでしまった二人は、
早起きして荷造りをしないといけなかったのですが・・・

なづきさんの部屋はスッキリ。一方、南城さんは・・・。


というわけで、なづきさんと2人で食事。南城さんは急いで荷造り中。


宿のSOSO(スペルは?です)と。本当にお世話になりました。


空港まで車で送ってくれる宿主のTEXと。
彼は「上を向いて歩こう」の現地(ブラジル)Ver.がお気に入りです。
ちなみに、こちらでのタイトルは「SUKIYAKI」。
なぜすき焼きなのか、さっぱりです笑。
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(3) | - |
最後のRODA:KOTA
そして昨日の夜は、最後のRODAでした。RODAのあとで・・・

左から、カサド・南城さん・カベサォン。こっちの人はみんなすごいのですが、
特にカベサォンの動きは本当にすごかったです。感動しました。
「たくさん練習するだけだよ!」という彼の言葉がとても潔かったです。


ポーズとろうとして・・・いい笑顔。





みんなが帰った後で。道場ともお別れです。


しんみりも束の間、再びやらせ写真。南城さんリクエスト「体育座りの二人」。


影で遊べそうです。


で、遊びました、影のジョーゴ。

このあと3人で、宿の近くにあるCUBANAという店でアサイーチジェーラを食べました。ビールとハンバーガーを買って宿で最後の晩餐をしましたよ。あっという間に眠りに落ちてしまいましたが。(宿で水がまったく使えないことが時々あり、この日も実はトイレにいけない状況だったので、少し冷や冷やしながらビール飲んでました。)
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(5) | - |
昨日の朝練は・・・:KOTA
南城さんとなづきさんの最後の練習でした。
昨日はネットカフェが休みで更新できず、ふたりとも残念がっていました。
ふたりは今朝こちらを経ちました。今頃きっとサンパウロで時間をつぶしている頃です。

さて、昨日の練習です。

練習中のなづきさん。フレンチを止めて倒す。


練習後の南城さん。


火曜日のホーダを見ながら、カベーラの解説。


すとれっちんぐなづきさん。


このへんから恒例のやらせ写真。ニューロゴカウサです。


南城さん。


南城さんの赤帯。


燃え尽きた南城さん。
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(2) | - |
南城さんと何か:anri
ぴょい。

マクレレ練習です。よしえさん素敵。


お礼がおそくなりましたが、
皆様いつもコメントありがとうございます。
むいんとおぶりがーだ。


本日は南城さん特集にしてみます。
まず水を飲んでから。



地元の人とのコミュニケーション特集。
これは、まなさん日記の続編ですな。
中指立てられた後は、親指を立て返しているわけです。
てんこもりのご飯に喜んでいたわけです。


肉を1種類ずつたくさんくれ、と言っている。


何か会話。


お酒のむこうにて。魚のムケカが食べたいと言っている。



やたら笑顔やん、特集。
肉待。笑ってるけど、肉すんげ〜おせ〜、と言っている。


アサイー大好き。


ビール大好き。


なんか意味わからんけど観光っぽい!と言っている。



最後は
三日月をバックに真面目な顔をしよう、と言ってとった写真。
なんか、背景に外国の夜を選んだプリクラみたいになった・・


んなこんなで、そろそろ残り部隊も帰ってきますな。
ムキムキかな。
|ブラジル修行記 2008 | Capoeira Axe da Bahia | comments(5) | - |
<new | top | old>